本文へスキップ
平日10:00〜16:00 03-6205-3377
メールフォームは24時間受付中

経営労務診断・労務監査CHECKLIST, AUDIT

 トップページ > 経営労務診断・労務監査

経営労務診断は、企業の労務コンプライアンスに関する簡易診断です。
定められた手順にしたがって、社会保険労務士が診断します。

労務監査は、企業の労務コンプライアンスに関し、組織労働の適正・適格な仕組みを複数の社会保険労務士が監査します。


経営労務診断で優秀な人材を確保

人事労務管理の健全性、安心して働ける企業であること等、社会保険労務士による労働CSRに関する診断を受けていることを求職者にアピールすることで、優秀な人材の確保に結びつけます。

また、診断結果について、サイバー法人台帳ROBINS(一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が運営)に掲載することで、 「人を大切にする企業」シールの取得も可能です。

社会保険労務士が客観的に診断を行うことで、労務上の問題点を洗い出します。
改善点を早期に発見することで、働き方改革への対応が加速します。

IPO審査に向けた経営労務診断

IPO審査においては、労務周りの整備がキーです。
IPOを予定した際には、まずは簡易診断としての経営労務診断を受診し、問題を洗い出すことが上場への近道です。
詳しくは、IPOに向けたコンサルティングをご覧ください。

労務監査でリスク分析、IPO審査へ

労働諸法令の遵守状況を「規程、協定、法定帳簿」等の整備状況によりチェックします。
IPO審査や事業承継、M&Aなどに際し、潜在リスクを把握します。


バナースペース

社会保険労務士法人 ミライエ

〒100-6162
東京都千代田区永田町2-11-1
山王パークタワー3階
→Map

メールフォーム

03-6205-3377
(平日10:00から16:00まで)