IPO・M&A支援

IPO(株式公開)においては、労務に関するコーポレートガバナンスや内部管理体制について、上場に向けた各フェーズに応じた支援をします。

M&A(合併・買収)においては、対象企業の経営労務管理の状況を調査し、法務面の問題点やリスク等を把握し企業分析を行います。

ミライエでは、IPOやM&A向けた労務監査・労務デューデリジェンス(資産の適正評価)を行い、企業とともに目的達成を目指します。

IPO(株式公開)支援

IPO(株式公開)は、企業成長の手段の一つです。

IPO審査においては、特に近年、長時間労働の実態など、労務に関する項目が重点的にチェックされます。

上場すれば、これまで社内の人事労務管理をいわば「会社の価値観」で行っていた企業であっても、株主等のステークホルダーからの「社会の価値観」で判断されることになります。
企業には、法令遵守以上のものが要求されるといえます。

ミライエでは、上場審査に向けた労務周りについて、企業とともに整備を行います。

M&A(合併・買収)支援

M&Aにおける経営労務に関する監査を行います。

株式譲渡、事業譲渡、合併、会社分割、それぞれの目的に応じて対象企業の経営環境、事業内容などを調査します。

未払い賃金や年次有給休暇未消化など財務に影響を与えるリスク、労働社会保険の加入状況、労基法等のコンプライアンス状況など、労務面での問題やリスクについて分析し、報告書としてまとめます。

また、M&A成立後の人事PMIにおける支援を行います。

お問い合わせ

社会保険労務士法人ミライエ
東京都千代田区永田町2−11−1 山王パークタワー3階

メールフォームでお気軽にお問い合わせください。
→メールフォーム(法人サイト)